前へ
次へ

内祝いは半額程度の品物をお返しします。

七五三は子供が3歳、5歳、7歳になったときに、健やかな成長を願い氏神様に祈る儀式のことです。お祝いをもらった場合には、内祝いをするのがマナーです。両親や親戚へは、宴席をもうけることで、内祝いとすることもありますが、通常もらった額の半分程度の品をお返します。お返しの品物では、食器やタオルをはじめ食品なども人気です。食品では「寿」の字の入った紅白の餅や紅白饅頭、お赤飯などがあります。のしは、紅白の蝶結びで、表書きは七五三内祝いとなります。のしの下には、子供の名前を入れます。発送の場合は、差出人は親の名前で送ります。時間がたちすぎてからでは失礼になるので、頂いてからなるべく早く1~2週間以内に贈るようにします。

Page Top