前へ
次へ

今の成人式の時期となる歴史

成人式の時期については、毎年1月の第2月曜日に定められています。そしてこの日は成人の日として、祝日にもなっています。就職や進学などで遠方に行っている人たちは、実家に帰省して地元の成人式に出席することになります。元々この成人式の時期は、1月15日に行われていました。これはその日が小正月だったこともあり、昔でいう成人式の元服の儀式がこの日に行われていたことからだそうです。しかし平成11年にハッピーマンデー制度が導入されて以降、1月の第2月曜日へと移りました。このため土曜日曜と続けて祝日となることから3連休となり、成人する人にとっては帰省や衣装などの準備もしやすくなりました。そうはいっても、成人する人にとっては慌ただしくなる時期ではあります。余裕のあるスケジュールを立てて、思い出の日となるように楽しく過ごしましょう。

Page Top