前へ
次へ

一般的となった最近の七五三を行う時期

七五三を行う時期とは、本来は11月15日とされています。しかし最近は両親の都合も増えてきたことから、必ずしもその日に行うということはなくなりました。また、この時期の神社では大変混雑が予想されます。小さな子供連れが多く集まることから混雑を避けたい人も多く、神社の方でも早い時期から七五三のお祝いを呼びかけていたりします。このことから、今では10月中旬から11月の下旬のいずれかの休日に七五三を行う人が増えています。11月15日というこだわりは持たず、家族の都合を優先した形となっています。またこれらを行う時期の子供の年齢は、昔は数え年で行われていましたが、今では満年齢が一般的となりました。男の子は満3歳と満5歳、女の子は満3歳と満7歳となっています。子供が迎える七五三の年に入ったら、早いうちからお祝いの計画をしておきましょう。七五三はこどもの成長をお祝いする日本の風習です。一昔前は数え年で三歳は男女ともに行い五歳は男児、七歳は女児といった風習がありました。しかし現在では満年齢で男児が五歳、女児は三歳と七歳が一般的と言われていますが、地方によっても差があり三歳で男児のお祝いをする所もあるようです。七五三においては行事に合わせた服装があります。子どもが和装であれば和装、洋装なら洋装というように親は子どもに合わせた服装が基本とされています。また子どもが主役なので親は子どもより控え目な服装をする事が大切です。例えば子どもが着物の場合は最も格式が高くなるので、親は一段格下の着物を着る事が一般的と言われています。七五三は神前に立つ事もありシーンに合わせた服装が大切となります。

待合室をキレイにして患者様に居心地の良い環境のご提供

温かさが届くようなご対応
相手に見えないからこそ丁寧な対応を心掛けるなごみです

不動産の規模や掃除の頻度に応じたプランがあります
賃貸物件の戸数や清掃回数に応じた掃除のプランをご提案いたします。

結束機導入後のトラブルなどにも迅速に対応します
製品の故障やトラブルなどにも迅速に対応してくれるので、安心です。

Page Top